曇天べた凪 シングルスカルで南郷往復

今日は少し寝坊をして、8時頃に倶楽部に到着しました。ちょうどM岡さんと一緒になりましたが、駐車場のチェーンは掛かったままで、誰もいません。昨日の昼頃までは、雨風が強い予報だったからも知れません。昨夜の予報では、曇天べた凪の最高のコンディションは間違いなかったのに、残念なことです。

で、私はM岡さんと一緒に、シングルカルで蹴り出しました。コースは中学生やカヌーが練習していましたが、瀬田川は、R命大の小艇が練習している程度で、周囲をさほど気にすることなく、集中して漕げました。

火曜日と同じく、オフの間にエルゴ練習で意識していた、体各部の動きを確認しながらの乗艇。特に意識しているのは、グリップと肩甲骨と骨盤。当たり前のことながら、意識しただけて思い通りに漕げるほど、簡単なことではありません。

それでも、たまたまイメージ通りに漕げた時には、艇が安定して進みます。当たり前のことですが、艇はバランスよく浮かぶように作られています。基本通りに漕げは、艇は安定して進みます。バランスは取るものではなく、取れるもの。

「基本通りに漕ぐ」の基本とは、気持ちよく艇を加速させて、艇が気持ちよく進むのを邪魔しないように漕ぐこと。それをどのように実現するかは、人によってクルーによって艇種によって、いろいろな考え方やアプローチがあるので、難しいです。

最近、S藤さんが中学生を指導しているところを、よく見学していますが、F川さんに教えてもらったことと、G健さんが教えていたこと、S藤さんが教えていることは、表現の仕方は違いますが、同じだと感じます。昔は経験・感覚的な表現だったのが、今は(というかS藤さんは)バイオメカニクスに基づいて動作を具体的に表現してくれるので、わかりやすく、昔F川さんが言っていたのは、そういうことだったのかと、改めて再認識しています。
画像

[おやじの呟き]
艇を楽しませよう、さぁいこう


琵琶湖の天気 曇り 東南東 1m/s 11.5℃(18.5℃)
琵琶湖の水温 11.7℃
琵琶湖の水位 0cm
洗堰の放流量 43m³/s
琵琶湖の日出 6時00分
琵琶湖の日入 18時079
 ※AM6:00の情報、(気温) は日中の最高気温

おやじの2019年Rowing記録
おやじのYouTubeのRowing映像
よく見るYouTubeのRowing映像

この記事へのコメント