Head of The Seta 1日目

今日は、2018 Head of The Seta 1日目でした。レース途中から北風が吹いて、折り返してからの苦しいところでの冷たい向かい風やゴールしてからの白波で、大変だったと思います。

私は、これまでヘッドは、ずっと計測担当でした。最初の2年スタッフとして担当してからは、10年近くリーダーとしてやってきました。少しずつ計測のしくみや運営を改善し、各拠点に計測スタッフ4名の内経験者が1,2名いれば、安定した運営ができるようにまでになったので、今回は、陸上監視担当になりました。

で、今日は石山寺前の瀬田サイドで、陸上からの監視。普段から、膨らんで逆行しやすいところです。今日のブイが少し石山サイドに寄っていたこともあり、逆行しそうなクルーを注意することが多々ありました、ただ、そんな中、初めて全てのレースを終始見ることができ、新鮮な感動がありました。

Head of The Seta は、今年が第27回大会。多くの人の思いが詰まった大会であること、瀬田川の秋のヘッドレースを楽しみにしてくれている人がたくさんいること、瀬田川に特別な思いを持たれている人がたくさんいること、このヘッドが旧友と久しぶりのRowingを楽しむ場になっていること。いろんなことを、感じました。

今のままでも、30回ぐらいまでは、今まで通りに続くのだと思います。40回・50回と続く、多くのボート仲間が楽しめる、多くのスタッフが楽しめる・頑張れる。そんな大会であり続けるために、どんなチャレンジをするのか、どう変えていくのか、を考えていかないといけないのだろうと思いました。
画像

[おやじの呟き]
 Rowingは楽しい。もっとRowingを楽しもう。


琵琶湖の天気 曇り 西 3m/s 6.8℃(11.5℃)
琵琶湖の水温 17.4℃
琵琶湖の水位 -48cm
洗堰の放流量 68m³/s
琵琶湖の日出 6時26分
琵琶湖の日入 16時54分
 ※AM6:00の情報、(気温) は日中の最高気温

おやじの2018年Rowing記録
おやじのYouTubeのRowing映像
よく見るYouTubeのRowing映像

この記事へのコメント